スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいはらぺこあおむしパンはちょうちょのぱん

ゴミ出しにいった長女が、コンビニで新商品を見つけてきました。

「はらぺこあおむし絵本ぱん(チョウチョのパン)」です。

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法


となりにはらぺこあおむし絵本ぱん」もありました。

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法


このあおむしぱんは、去年もありました。

とっても美味しかったんだよね。

いろんなフルーツのジャムが入っているんです。

左から、りんご、なし、すもも、いちご、オレンジのジャムです。

私は、すもものジャムが一番好き!

今回の新商品、ちょうちょのぱんの方はストロベリー風味のケーキ生地が巻き込んでありました。

その上には、カスタードクリームがトッピングされています!

かわいいちょうちょに見えるぱんです。

うちの近くのサークルKで見つけました。あおむしの横断幕ついてました。

$フォルスクラブの学習システムで楽しく子育て

近くのコンビニ探してみてください。

絵本読みながらあおむしと一緒に順番にもぐもぐ食べたら、楽しくいっぱい食べそうですよね!

はらぺこあおむしの絵本読んだことない人のためにのせておきますね。

はらぺこあおむし/エリック=カール

¥1,260
Amazon.co.jp

エリックカールさんの絵本って、色がとってもきれいですよね。

親子で、家族で、楽しんでくださいね!






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト

家の中と外の顔

こどもってさ~
家の中と外で違う顔持っていることあるって
考えたことあります?

正直言って、私は最初そんなこと考えもしなかった。
自分の見ている子どもがすべてだと思っていた...
というか...
家と外で同じように行動していると思っていた。

長女の幼稚園の家庭訪問のとき
その幻想は打ち砕かれました。

当時4歳の長女は家ではとても聞き分けのいい、よい子でした。
2歳の妹と0歳の弟がいて、
両方の実家から離れた場所に転勤してきて
私自身本当に大変な時期だった。
まだ4歳なのに、弟のミルク作って、おしめもかえて、
絵本読んであげたり、寝かしつけたりもしてくれていた。

賢くて聞き分けのいい子ね~ってよくほめられていた。

幼稚園の先生は家出の長女の様子を見てびっくり!
おうちではとってもいいこなんですね~
が最初の言葉。

よく聞いてみると
男の子の首絞めて泣かせたり、
お片づけの時間になると友達と一緒に逃げ出したり、
幼稚園では暴れ放題だったらしい。

家では私を助けようと一生懸命いい子にしていたのかも。
そのぶん外ではストレス発散していたのかな?

最初先生の話聞いたとき、
うそだ~~~~って思ったよ。
でもこっそり幼稚園にのぞきに行ったら、
いたずらっ子の顔した長女がいました。

そのときに学んだんです。
自分が家で見ているだけが子供の顔ではないということ。

だから、今回のもえもえのトラブルのときも
家での様子から信じられなくても、
もしかして外では違う顔しているのかも....
と受け止めました。

親なら誰でも子供の言葉100%信じて
うちの子はこう言っている~とか
うちの子に限ってそんなことしない!!とか...
言ってしまうものかもしれない。

子供を信じることは大切だけど、
冷静に子供にも外の世界での顔があることを
認められるようであれば、
親同士のトラブルとかずいぶん減ると思うんだけどな~

子供って、悪気なくても、
結構残酷なこと言ったりやったりしていたりするものだよ...
それに耐えられるように
一晩寝たらけろっと忘れられる才能も持っていると
私は思うな~

好きな絵本は?

昨日ラジオを聴いていたら

「小説は3回読んだらもう愛読書になるけど、絵本なんて軽く100回は読んでいるものですよね~」
ていう話をしてました。

そこで子供たちと好きな絵本何回くらい読んだ~? ...という話になりました。

姉貴は...バンビだった。
ディズニーの絵本のバンビ。
私200回以上読んであげたよ~でも本人あんまり覚えていない。
まだ2歳前だったからな~
でも、ことば覚えてまるで読んでるみたいに私に読みきかせしてくれてたんだよ~~
本人が一番覚えていて好きだったのはおしいれのぼうけんだって。

お姉ちゃんはのんたんの「おやすみなさい」だって。
たしかに。すきだったよな~

お兄ちゃんものんたんだな~
本人いわく「かくれんぼ」らしい。

もえもえは...
「たくさんありすぎて選べない。」だってさ~
私もお姉ちゃんたちも皆で読んであげてたからね~
「あらしのよるに」でしょ、
「いやだいやだ」「ふうせんねこ」「あ~んあん」
「きれいなはこ」「ルルチャンのくつした」「ぴよちゃんおやすみなさい」
一番絵本読んでるよな~どれも絶対100回は越えて読んでいる。

私は... ディズニーのお姫様シリーズだったな~
一番好きだったのはシンデレラと眠りの森の美女
レコードがあって、おかあさんがいそがしいときには
レコード聴きながら絵本めくっていたな~

皆さんの思い出の絵本は何ですか?

つみき

今日はもえもえは積み木で遊んでいます。


ゴーヤマンとラッコのピーちゃんのおうちを作っているんだって。



積み木って想像力がいる遊びだよね。


『この出口に何かあるんだよ、何だと思う?』


って聞かれても...わたしにはわからない~~!


野菜とか、お買い物みたいな自動販売機があるんだそうです。


もえもえにはきっと見えているんだろうね。


積み木で作った世界が。



子供の遊びにはこの想像力を刺激するって大切だよね。


子供のときにしか見えない世界。


しっかり子どものときに見て、感じて、体験しておかなきゃね。




私も子供の時にはいろんな基地を作ったり、


お庭で世界旅行したり、宇宙にまで行っちゃったよ~~


ゲームばっかりしていると


想像力乏しくなっちゃうんじゃないかって心配です。



さてと!


私もゴーヤマンとピーちゃんのおうちに遊びに行ってこようかな。

おしいれのぼうけん

夏休みに入って、子どもたちと部屋の掃除をしました。


絵本は全部一つの棚にまとめることにして、

みんなの持っている絵本を集めました。

その中にぼろぼろになった「おしいれのぼうけん」がありました。


幼稚園の古くなったものをもらってきたので、幼稚園の名前が書いてあります。


なぜでしょうね~この話すごく印象強いんですよね。


私が最初に読んだのは小学校の図書室。


もえパパも小学生のときに読んだそうです。

すごくどきどきしながら読んだのを今も覚えているそうです。

本の楽しさを最初に感じた本だって言ってます。

読んだあと本当に押入れにこもってねずみばあさんがいないか、

押入れに縞模様ないか調べたんだそうです。


私もやりましたね~

妹と一緒に押入れに入ってねずみばあさん来るかなあって、

そのまま寝ちゃったことあります。


なんか、押入れって、子どもにとって不思議な空間ですよね。

なんか不思議で魅力的。

よく押入れに入って遊んで怒られたな~


私が最初にベットで寝たい~って駄々こねたとき

母が押入れをベットにしてくれたっけ...

今はお姉ちゃんが押し入れベッドに寝ています。

ドラえもんみたいでしょ!

結構楽しいんですよ。

あの狭さがなんかたまらなく秘密基地な感じなんです。


絵本ではおしおきで押入れに入れられるんだけど...

最後まで泣かないで頑張った二人が出てきてからは

押入れはみんなの大好きな場所になっちゃうんです。


暗いのは怖いんだけど、懐中電灯持って入ると

なんかすごくわくわくしたんだよね~


それなのに....

押入れで遊んで布団がくちゃくちゃにされていると...

めちゃくちゃ怒っている自分がいる...

自分もさんざんしてたくせに~

あ~年とったな~

子どものときに見ていた世界が見えなくなっている自分が

なんか悲しくなりました。

アンパンマンとドラえもん

先日の家庭教育学級のときに小さいお子さんを連れてきた友達がいて、

だんだん長くなってきて退屈していたので、絵を描いてあげたんだけど...


上のアンパンマンを書いて

「これな~んだ?」

「何~これ、アンパンマンじゃない!」

が~~~ん。


めげずにドラえもんに挑戦。

でもうまくかけない...

だめもとで

「これな~んだ?」

「すご~い、ドラえもんだ~!」

えっ!?

これはいいんだ...


お絵かきもこどもにうけるのはなかなか難しいですね~


フォルスで子育て!~もえママのブログ~

好きだった絵本は「あらしのよるに」

もえもえがまだ幼稚園に入る前、

従兄弟たちのクリスマスプレゼントさがしていて、

アマゾンで絵本贈ろうってことになって、

みんなで選んでいたときに

「あらしのよるに」を見つけました。


お姉ちゃんが、これ欲しい!と言い出して、

私もNHKの「おはなしのくに」で見て感動していたので、

原作読んでみたいと思って、買うことにしました。


これに一番はまったのがもえもえでした。


まだぜんぜん字が読めなかったのに

「ごうごうとたたきちゅけてくりゅ...

しょれはあめというよりはおしょいかかるみじゅのちゅぶたちだ」

...って暗記して読んでくれてました。


全7巻あるのを少しづつ買い揃えてたんだけど、

まだ3巻までしか買っていなかったときにアニメが公開されました。


TVでもやりましたよね。


それを見たとき....


メイとガブが川に飛び込んだのを見て、

もえもえはショックのあまり私を振り向いて、

目が合うなりお目目に涙があふれてきて...

私にしがみついて泣きました。


自分の大好きなお話の仲良しのガブとメイがこんなことになるなんて...

きっと思ってもいなかったのでしょう。


まだ幼稚園にも入らない小さい子どもが、お話から本気でなにかを感じて、

こんな風に泣くんだ~って、もえもえの涙に感動して私もぼろぼろでした。


ガブがなだれに飲み込まれたときは

「お~いお~いおい」 と本当に声を上げて泣いていました。


最後のハッピーエンドには

「よかったね~よかったね~え~んえ~ん」


本当に漫画みたいに声上げて泣いてました。


私はアニメよりももえもえに釘付けでした。

こんなに素直に感動する子どもの姿って....感動しますよ!


真剣に画面をみつめて、一喜一憂しているもえもえを見て

こんなに豊かに感情が育っていること、嬉しくて、

もう赤ちゃんじゃないんだ~

しっかり人の気持ち感じれるんだ~って

もえもえを見ていちいち感動して泣いてました。


人は自分の人生は1度しか生きられないけれど、

本の中でいろんな人生を生きることが出来るって誰かが言っていたけど、

本は本当に心豊かにしてくれる...

いろんな経験させてくれるなあって思います。

特に子どものときに出会う絵本って

その子の人生に結構大きな影響与えてると思う。


久しぶりに小学校の読み聞かせに行って

「あらしのよるに」を読んで、

子どもたちのきらきらした目を見て

小さかったもえもえを思い出したのでした。


プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。