スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらんぼを食べて復興支援!?

今日、山形からさくらんぼが届きました!!

仙台の母が山形の知り合いの農家の方に頼んで送ってくれたんです。

佐藤錦...とってもおいしいです!!!

$フォルスクラブの学習システムで楽しく子育て

でもね、この佐藤錦、今ピンチらしいです。

今年は、さくらんぼが豊作なんだって。

だったらいいじゃん!って思うんだけど...

地震の風評被害で、山形のさくらんぼ農園にさくらんぼ狩りに来る人が少なくて...

あまったさくらんぼが市場に出荷されるでしょ、豊作なのに加えて、さくらんぼ狩りの分まで集まるから、さくらんぼが値崩れしちゃってるらしい。

佐藤錦のイメージを守るために、市場で入荷拒否をしているとか...

山形のさくらんぼ農家の方は、この時期に1年分の収入を得てるんだけど、今年はそうもいかないってすごく困ってるんだって。

豊作で、出来もよくて、こんなにおいしいのに...

たくさん取れすぎちゃっても、困っちゃうんだね。

それに、風評被害で需要が下がっているのもあるのかな?

皆さん、山形のさくらんぼ、とってもおいしいですよ~

おいしいさくらんぼを食べて、東北の復興支援しちゃいましょう!!








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト

震災で心のケアが必要なお子さんをお持ちの方へ

もえママで~す。

和久田ミカさんがブログに、震災で心のケアが必要なお子さんの親御さんのためのPDF資料を紹介されていました。

読んでみたのですが、可愛い絵も書いてあって、読みやすいし、子どもを安心させるための、いろんなアイデアが載っていました。

文章もなんかほっとする優しい感じがしました。

もえもえも、一時は怖がって学校に行きたくないって言っていたことありましたからね~

私自身もいまだに被災地の映像を見ると心が痛んで、苦しくなります。

まだまだこれからも、支援は必要ですよね。

まず自分たちが元気じゃないと、支援だって出来ない。

この資料読んで、親子遊びでもやってみようかな。

確かにスキンシップはとっても元気になれるもん。

もえもえと一緒に遊んで、元気になっちゃおうかな。








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

船は浮ぶんだから、車も浮ぶ。

仙台に行ったときに、聞いた話です。


今回、津波の被害がひどかった地域に住んでいる知り合いの方が、地震のときの体験を話してくれました。

その方は、とても上品で素敵な女性なんです。

地震のときは車で海の近くを走っていたんだそうです。

津波がやってきて、波に飲み込まれて、車に乗ったまま流されたんだそうです。

そのとき思ったんだって。

「船が浮ぶんだから、車も浮ぶからしばらくは大丈夫。」

そして、いつもご主人に言われていたことを思い出して、電気系統がやられる前に窓を開けた。

そしてしばらく、車に乗ったまま流されていったんだって。

しばらくすると流木が流れてきたので、手を伸ばしてその流木を拾ったそうです。

そして、どのくらいの深さがあるのか、流木で図ろうとしたんだけど、全然底に着かない。

まだ、かなり深いんだ~って思って、またしばらく流されてたんだって。

もうしばらくして、そろそろいいかな?と思って、流木で測ってみたら、ひざ上くらいの深さになっていたらしいです。

「そろそろいいかな~」って思って車を降りて、歩いて高いところに非難したんだって。

そして、水が引いて移動できるまで、そこで夜を明かしたんだとか。

とっても優しくて、綺麗な方なのに、すごく冷静で決断力もあって、すごい!って思いました。

私だったら、そんなに冷静に対処できる自信ないな。

もちろん車は流されて、家も被害を受けて、それでも笑顔で前向きに進んでいる。

そんな方が仙台には、いっぱいいました。

自分も被災していても、周りのもっと大変な人のために、心から喜んで奉仕している人が、たくさんいました。

私は、愛するふるさとの復興のために、何が出来るんだろう...








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

仙台の現実

なんかお久しぶりになってしまいました。

ゴールデンウィークは仙台の実家に行ってきました。

仙台の市内、街のほうは時々瓦屋根の家がブルーシートを張っていたり、ショーウィンドウのガラスが割れていたりしたけれど、ほとんどは平常どおりでした。

スーパーも、普通に何でもおいてありました。

$フォルスクラブの学習システムで楽しく子育て

鈴鹿ではなかなかお目にかかれない、単1の乾電池もワゴンに山になっていました。

アメリカ製の電池ばっかりでした。

でも....

海のほうは....

津波で流されたところは、田んぼも畑も、家もすっかり流されて、見渡す限り、砂というか、泥というか...

言葉が出なかった。

写真撮る気にもなれなかった。

私が感じた仙台は、平常に戻りつつある大半の人たちと、いまだに身動きがとれずにいる津波の被害を受けた方たちの温度差のある街。

どこの被害がひどいから、一度見ておいたほうがいいと教えてくれる人もいれば、復興の邪魔にならないように被災地には一度も行っていない人もいる。

家も家財道具も全部流されたから、仮設住宅に入ったときのために、なんでも支援物資をいただけたら嬉しいって言う人もいれば、物資の管理ができないので送らないで下さいって言われたりする。

仙台市の職員だって、通常業務をしなければならない人もいれば、被災地のための支援に動いている人もいる。

神戸から行政の応援に来た方が言っていたそうです。

「仙台は大変だね。私たちは街の中心部もすべて被災した。

だから、被災者のため、復興のための業務だけすればよかった。

職員一丸となって、復興のためにだけ動いていけばよかった。

でも、仙台は、津波の被害は一部地域に限定されている。

大半の人は津波の被害は受けていないから、通常業務もしないといけない。

通常業務をしている職員と、被災地のために動いている職員の間に温度差が生まれる。

一致して動くのが難しいんだよね。」

なるほどな~と思った。

自分たちだって、大きなゆれで多少は被害を受けている。

でも、すぐ近くで、津波で家や家族を失った方たちがいる。

それを思うと、多少のことでは被災したなんていえないって、自粛して生活している人。

ゴールデンウィークに向けて、頑張って復興するぞ!って頑張って町を片付けて、店を開けている観光地の人たち。

ボランティアセンターに朝から並ぶボランティア希望の人たち。

いろんな人たちがいろんな思いで、この震災と戦っていました。

私は...元気な母と妹たちに会って、一緒に楽しく笑いあえて、それが何より嬉しかったです。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

おとといの地震

おとといの夜中の地震。

三重はほとんど揺れなかったので、私は全然知らずにブログ回ってたら、パパが青い顔して入ってきたの。

「仙台で地震だ。震度6強って言ってる。連絡してみて。」

さっそくスカイプで連絡しようとスカイプを立ち上げていたら家の電話がなったの。

仙台の妹からだった。

「すごくゆれたけどみんな大丈夫だよ。

DVDが棚から落ちたりしたけど、怪我もないし、電気もついてるから安心して。」

前の地震のときに、こっちからはいくらかけても電話つながらなかったから、心配してると思って向こうから電話くれたんだよね。

「お母さんは大丈夫?こわがってない?」

「おかあさ~んだいじょうぶかしんぱいしてるよ~」

「....だい..ぶ」

かすかな声が聞こえたの。

「聞こえた?大丈夫って言ってるよ。」

「うん。安心した。ありがとう」

声を聞けるっていいね。

とっても安心します。

今日は朝から仙台の子どもたちのために手提げバックを作って送るので、ミシンを借りに行ってきます。

こうやって何かできるとそれだけで、なんか元気になれる。

ただ家にいて心配しているだけだと気がめいってきちゃうんだもの。

勉強でも仕事でもボランティアでも何でもいいから、できることを精一杯やるんだ。

動いていると元気が出てくるの。

どうか、今日も無事に元気に過ごせますように...

笑顔ですごせますように...

祈りを込めて、絵本袋作ります。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

どうか届きますように

離れたところで、ふるさとの惨状を見ているしかない状態で、もう10日が過ぎました。

ネットで亡くなった方のリストを、どうか知り合いの名前がないようにと祈りながら眺めました。

同級生と同じ名前がひとつありました。

年齢も同じ...

特に仲がよかったわけでもないので、確かめようもないのだけれど...

この名簿に載っている一つ一つの名前を、たくさんの人が同じように祈りながら眺めているのでしょうね。

もう何年も連絡を取っていなかった学生時代の友人からメールが来ました。

「そちらのご両親は無事?家の両親は無事でした。」

遊びに行くと、いつも笑顔で迎えて、かわいがってくれた、その友人のご両親の顔が浮かびました。

「よかった。こっちも無事だよ。」

「よかった。」

短いやりとりだけど、彼女が本当に心配してくれていたのも、ほっとしたのも伝わってきてうれしかった。

離れた場所にいて、何もできないもどかしさに胸がつぶれそうになって、眠れない夜が続きました。

でも、落ち込んでいても、泣いていても、何の助けにもならないですよね。

夕べ、SMAP×SMAPで、「今私たちにできること」を考える特番がありました。

それを見て、今は、まず私がここで頑張って、家族を守って、笑顔になって、仙台の母や妹たちに届けなくちゃって思いました。

SMAPが最後に歌ってくれた歌を聞きながら、涙が止まりませんでした。

私は、大好きな家族やふるさとのことをずっと思っています。

ふるさとのみんなが元気になれるようにずっと祈っています。

この思いがどうか届きますように。

そしてみんなの思いが集まって日本が元気になれますように。








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

子どもだって、できること

主人がラジオで聞いたといって教えてくれた話です。

あるコンビニに子どもが小銭を握りしめてお菓子を買いにきたそうです。

お菓子の棚のところで一生懸命悩んで、お気に入りのお菓子を決めたその子はレジに並びました。

次が自分の番というときになって、子どもはレジの前においてある募金箱に気がつきました。

東北関東大震災の被災者ための募金箱でした。

しばらくその箱を見つめていたその子は、列からはなれてお菓子の棚に向かったそうです。

そして、自分の選んだお菓子を棚に戻して、握っていた小銭を全部募金箱に入れたそうです。

小さな子どもにだって、今何が起きているのか、わかっているんですね。

だから、楽しみにしていたお菓子を我慢して、募金したんですよね。

こういう一人一人の小さな善意がきっと日本を支えてくれる。

そう感じさせてくれる心温まる話でした。

うれしかった店員さんの配慮

物資を探していろんな店を回っていたときに、100均に電池が入荷しているのを見つけました。

早速そこに行って、電池を買おうとすると「お一人様10個まで」との張り紙。

そうだよね。制限しないとまたすぐなくなっちゃうんだろうな~と思って、そこにあった、単2、単3、単4のどれをどう組み合わせようか迷っていました。

そのとき、横にいた店員さんが、作業しながら私を横目で見て、ちょっと冷たい声で、

「備えあれば憂いなしって言いますものね...」と言ってきました。

「実は、これから東北に向けてトラックが出るので、それに入れてあげたいと思って、どの電池が一番必要なのか迷っているんです。」

そういうと、その店員さんは、表情を和らげて、

「そうなんですか、それなら、それぞれ10個ずついいですよ。私がこのままレジしますから。」

って言って、まわり見ながらこっそり30個買わせてくれました。

買占めしないようにって言われていても、不安になって買いにくる人って多いみたいです。

お店では売らないって言う訳には行かないですよね。

店員さんのこんなちょっとした配慮で電池30パックだけど、東北に送ることができました。

最後の店員さんの笑顔がとっても印象的でした。

買占めをしないこと...

それも離れた場所にいる今の私たちにできる支援なのだと思います。









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

支援物資の仕分けに行ってきました。

教会が支援のために動き出しました。

仙台にリーダーの方が常駐して、ニーズの情報を集めて被害のなかった地区に支援物資の提供を求めてきています。

関東、特に首都圏では物資の調達が困難になっているため、中部地区に提供依頼が来ました。

水を入れるタンク。

カセットコンロとボンベ

さとうのご飯のようなごはん。

依頼が来たのは以上でした。

すぐに買出しに出たのですが、水を入れるタンクはどこにも売っていませんでした。

みんな売り切れ。

カセットコンロやボンベも完売でした。

東海地震怖くなってみんな買いに行ったのかな?

とりあえず、新品の灯油タンクが一人2つまで買えたので(これも売り切れ寸前でした!)これを手に入れて、後は、我が家の分として準備してあった水タンク2つのうちのひとつを提供しました。

他に、妹から聞いていたドライシャンプーと、汚物処理用の袋と、乾電池を持って集合場所に行きました。

そこにはいろんな物資がありました。

このままでは、被災地で仕分けするの大変だろうということで、そこにいたメンバーで品目ごとに仕分けして、箱に詰めて、箱にはわかるように紙をはって中身を書きました。

急な知らせだったので、私の集合場所に集まった物資は一部だと思います。

それでもトラックの合流する名古屋まで運ぶワゴン車がぎゅうぎゅうになるくらいの荷物でした。

私は、阪神大震災のときに、物資が集まりすぎて、仕分けと管理をする人手が足りなくて大変だったと聞いていたので、今回は、仙台に問い合わせてほしいと聞いたものだけを持っていきました。

でも、実際の集合場所にはいろんな物資が集まっていました。

食品や衣類、トイレットペーパーやオムツ。

確かにあったら助かりそうなものだったので、それぞれまとめて箱詰めして持っていきましたが、ものによっては、これは必要かな?と思うものもありました。

今後また違うニーズが出てきたら、違う物資の募集があると思います。

あげたいものではなくて、必要とされているものを送るというのが大切だと思いました。

その辺の情報の管理も大切になってくるのだと思います。

私たちの集めた物資は今日出発して、岩手県の一関方面に行くらしいです。

子どもたちとも仲良しの家族がそっちにいます。

きっと受け入れたら仕分けをして運ぶ作業をするのだと思います。

大変だと思うけど、気をつけながら、頑張ってね!

少しでも受け入れ側の負担が減るように、わかり易く、使いやすく仕分けして送りたいなって思いました。

安否確認取れました。

心配していた、いとこの娘さんの安否確認取れました。

岩沼や名取にいる知り合いもほとんど無事という確認取れました。

ほっとしました。

家はクリスチャンなのですが、長町の教会のいつも来ているメンバーの方はほとんど無事確認できたそうです。

仙台市の東道路(港と空港をつないでいる道路)よりも山側の方はほとんど大丈夫みたい。

連絡が取れなかった、石巻や多賀城の教会の方ともぽつぽつ連絡取れているようです。

それから、宣教師さんたちはみな無事が確認できたそうです。

海外から読んでくれている方もいるので報告しておきますね。

心配してくださった皆さんありがとうございます。

姉貴の小学校のときの担任の先生とは、まだ確認取れていません。

石巻に住んでいて、小さな子どもがいたので心配。

ながこせんせ~もし、石巻で困っているなら、家の実家にいってください。

水は出ているし、電気も通っています。

...このブログ見れる状態の頃は、もう復旧してるのかな...








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

安否情報がなかなかつかめないよ~

おかげさまで、実家の母と妹たちとは連絡が取れて、今は電気も回復して、電話もつながるし、だいぶ安心しました。

仙台の北のほうにいるおばたちとも今日やっと連絡取れました。

比較的被害の少ない仙台市内同士でも、今日になってやっと連絡取れたんです。

被害の大きい、名取、岩沼、石巻、志津川、女川、気仙沼なんかはもっともっと大変でしょうね。

実際、石巻の友人や親戚にはまで全然連絡取れません。

ネットの安否情報で検索しても、出てこないし...

連絡が取れないって言うのは、本当に不安になりますよね。

沖縄の主人のいとこが、たまたま仙台に旅行に行っていて、県庁に非難していたことがわかりました。

私の実家に行くようにって伝えたかったけど。。。

連絡取れなくて。

今日バスで山形まで出たらしいです。

山形空港は稼動しているからね。

うまく飛行機に乗れるといいけど....

携帯の充電が切れるとまったく連絡が取れなくなる。

充電があっても、つながりにくい。

それが現状です。

固定電話は比較的つながりやすいですね。

でも、回線が混雑しないように、今はなるべくSKYPEを使っています。

今日の夕方にやっとつながったので。

あ~安否情報の名簿贈ってくれたらボランティアで名簿を打ち込んで電子データ作るのにな~

そんなボランティア募集してくれないかな~







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

仙台と連絡取れました。助けたいと思っている方、あわてて行動しないで下さい。

今日の夕方に妹から連絡があり、電気がついたそうです。

仙台市太白区の富沢駅近辺です。

水も止まらなかったし、何とか落ち着いたようです。

心配なのは震源地に近い北のほうと、海に近いほうですね。

避難所などで、足りないのは、水と食料とガソリンといっていました。

市内のスーパーなどに食料品はかなりなくなってきているようです。

でも、物資を市役所宛に送っていただいても、職員の手が足りなくて、対応できる状態ではないようです。

ボランティアとしてきていただいても、食料や寝る場所の提供できる準備もまだ整っていないようです。

今は、現金での援助が一番助かるのではないでしょうか。

これは仙台市のどちらかというと中心部での状況です。

沿岸部や、北部ではまた全然違う状況が考えられます。

仙台にいる妹も、他の地域の情報は把握できていない状態でした。

ずっとテレビを見ていた私のほうがいろんなこと知っているという状況でした。

私も心配だけど、今は動かないで様子を見ることにします。

下手に動くと支援物資や緊急車両の邪魔になってしまうだけの気がするので。

姉貴がたまったTポイントを募金していました。

その募金が有効に使われることを願います。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

区役所で携帯充電できるところがあるらしい

いまTVで若林区役所映っていました。

冠水してませんでした。

今若林区役所に携帯の充電コードを持参していくと、一人15分以内で充電ができますって、TVで言ってました。

ラジオやTVで聞いた仙台情報

夕べから聞いていたTVやラジオでの仙台の情報です。

もし、携帯から見れる方のためにまとめておきます。

今日の東北大、みやぎ大、宮教大の入試は延期。

若林区では海岸から10キロ付近まで浸水(津波による)したらしい。

夕べのラジオでは、若林区役所が浸水って言っていました。

荒浜で津波に巻き込まれたと思われる200~300の遺体が発見された。

気仙沼は大規模火災。

相馬はかなりの面積が津波で浸水。

多賀城のコンビナートで火災。

夕べは、宮城野区、中野小学校の近辺でも火災といっていました。

また、TVを見て情報書き込みます。

何ができるのだろう?

昨日から、TVの映像で仙台の状況が流れるたびに、その被害の大きさに言葉をなくしています。

つい先日利用したばかりの仙台空港、フェリーに乗った仙台港、どちらもひどい状態です。

津波に流される田んぼやイチゴのビニルハウス。

見ていて心が痛くなります。

家族と連絡が取れて、ほっとしていたら、火災の映像を見て不安になる。

でも、連絡は取れない。

主人が無線をつないで情報を集めようとしてくれましたが、仙台からの電波は見つけられませんでした。

一番情報が入ったのはラジオですね。

TBCラジオを一生懸命聴いていました。

今唯一の連絡手段は妹の公衆電話からの連絡。

携帯も充電が切れそうだといっていました。

娘の友人の高校生たちから入っていたメールでの連絡も、携帯の充電切れが危ないとの事で途切れました。

水道はちょろちょろだけど出ていたらしいし、食料は多少貯蔵していたので、大丈夫だと思いますが、連絡取れないとやっぱり心配です。

妹や地元の人たちは情報がなくて不安がっていて、連絡が来るとみんな情報を求めてきます。

妹がスカイプに書き込んだコメント読めた?ってきいてきたけど、モデムの電源が切れてしまったので、送られてこなかったみたい。

こんなに、インターネットが普及して、情報社会といわれていても、停電して、電気が使えないと、情報も遮断されてしまう。

もどかしい思いでいっぱいです。

何とか情報を伝える方法はないのかな?

携帯に充電するいい方法はないのかな?

私なら車から充電するんだけどな...

車で充電できる充電器送ってあげたいです。

生まれ育った大好きな街が、多大な被害を受けているのに、離れている私には何もできない...

交通が復旧したら手伝いに行こうかとは思いますが、それまでは、ただただ、みんなの無事を祈るのみです。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

仙台の家族と連絡取れました~

仙台の妹と母に連絡やっと取れました。

3人とも無事だそうです。

よかった~。

妹は地下鉄の端から端まで歩いて帰宅したそうです。

普通の家屋が倒壊しているということはないらしい。

全面ガラスのショウウィンドウとかはひびが入ったりしているそうです。

停電で街は真っ暗なんだって。

TVも見れないし、電話も今は電源のいるものが多いので、こっちからは発信音なっていても、着信音はならないそうです。

古いタイプの電話機ならつながるらしい。

公衆電話の前が長蛇の列でなかなか連絡できなかったんだって。

家の中は、いろんなものが倒れてぐちゃぐちゃらしいけど、浸水することも火災もなく無事だそうです。

妹の声聞いて泣きそうになった。

本当にほっとしました。

メールで無事って読んだときもほっとしたけど、やっぱり声が聞けるってすごく安心します。

昨日まで姉貴がお世話になっていたからね。

まさかこんなことになるなんて....

姉貴の友達から家の中の様子の写メが送られてきたけど、TVも床に落ちてたし、いろんなものが散乱してすごかった。

すごくゆれたこわかったって言ってました。

仙台の人たち結構情報がなくて不安みたい。

停電しているので、TVも見れないし、ネットもつなげられない。

携帯も充電できないので、電池温存するって言って、娘の友達たちからのメールも途絶えました。

それまでは娘がTVの映像写メって、情報伝えてたらしい。

妹が公衆電話から話しながら、言ってました。

「真っ暗だから、星がすごくきれい」

30年前の宮城県沖地震のときもそうだったなぁ。

まだまだ余震も続いていて不安だけど、みんな頑張って!

皆さんの無事を心から祈っています!








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。