スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わからないと怖い!

私は保育士の専門学校に通っていたのですが、


その学校は実際の施設への見学や実習がとっても多かったんです。




あるとき、重度の精神発達遅滞の子の収容施設で実習がありました。




私はまだ1年生で、知識もあまりなく、すごく緊張していました。


重度の男の子の部屋に配属になり、職員の方に挨拶に行くと、


「はい。ご苦労様。これから職員の引継ぎがあるから、これに着替えさせておいてね。」


といって、着替えを渡され、ガラス張りになっている部屋に入れられ....


ガチャリ ...と外から鍵を掛けられました。





えっ!!なに?鍵って...どうすればいいの?





児童福祉施設といっても、行き先がなくて20歳過ぎた子もたくさんいて...


もちろん体なんて私よりもずっと大きい。


重度の部屋だから...


あきらかに普通とは様子が違う子ばかり。


何かぶつぶつとつぶやきながら壁に向かって座っていたり、


短い紐を片手で振りながらずっとそれをみつめていたり...


細い窓の敷居に見事なバランスで寝転がっていたり...


中には拘束服のようなものを着ている子もいました。





怖い...


最初に心に浮かんだのはその言葉です。


異様な雰囲気と異様な行動を取る男性に囲まれ、


その着替えを手にして、なすすべなく、とにかく怖かった。





でも私にはプライドありました。


今保育を志すものとして、実習としてここに来ている。





一人の子が私に気がついてゆっくりとこちらに向かってきました。


ニヤニヤとして、何か言っているんだけど、


何言っているのかぜんぜんわからなかった。





私は勇気を振り絞って、そのこに声をかけました。





「はい!着替えますよ~」





その子に通じたのかどうかもわからない。


でも、何人かの子が私の声を聞いてこっちを向いて動き出しました。


私の怖さはピークに達していました。


チラッと目をやると、さっきの先生が職員室からこちらをうかがっています。


負けてたまるか!しっかりしろ!と自分に渇!を入れて


私は最初にこちらへ向かってきた子の手をとって着替えを渡しました。





そのとき不思議なことが起こりました。





その子の手に触れたとたん、恐れが嘘のように消えていったのです。





何も怖がることはない。私と同じ血の通った人間なんだから...





すごく当たり前のことです。


そんな事はじめからわかっていたはずのことです。





でも、自分からそのこの手を取るまでは私は怖がっていた。


完全に腰が引けていました。




そのこの手を取ったときに目が合って、その子と何か通じたと感じたときに


怖れはふっと消えていきました。




それまで、職員室からずっとこちらを伺っていた鍵をかけた先生が


微笑んで椅子に座りなおして打ち合わせに集中し始めました。




子どもたちは自分で自分の着替えを選んで受け取り、


私は着替えを手伝いました。


もうひとりでも全然怖くありませんでした。




後で先生から聞いたのですが、毎年泣き出す実習生がいるんだそうです。


泣かないにしても、完全にひけちゃって、子どもたちに拒否される人も多いとか。


最初に自分から声かけて、自分からスキンシップしていったから、


受け入れてもらえたんだそうです。あと、笑顔かな。


(確かに...引きつっていたかもしれないけど、笑顔だったかも。)




初めての人が入ってきたら、子どもたちだって怖いんだよ。そう先生は言いました。




自分と違う行動をしているから、


何でそんなことしているかわからないから、


わからないから怖い。




自分と違う状況にいる人に対して、


何をしたらいいのかわからないから見てみぬふりをする。




そんな気持ちが障害を持つ方の差別につながっているような気がします。




そうわかっていても、相手が男性だと特にどうしても怖いと感じてしまうことってあります。


実際誰を信じていいのかわからない世の中だし...




ひとりずつ...少しずつ...


地道に信頼関係を作っていくのが、実は一番の近道なのかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

9 ■Re:はじめまして☆

>マロンさん
本当に、実習を通していろんなこと学びました。
記事に書いた重度の施設には1日のみの実習でしたが、本実習は軽度の精神発達遅滞児(当時は精神薄弱といっていました)の施設に2週間行きました。ある意味私の人生を変える経験でした。
私も1日の実習の中でも、突然癲癇の発作で倒れた子がいて、そのときの先生方の対応を見て、本当にプロだな~と、自分ももっとしっかり学ばないといけない!と思ったものです。

8 ■はじめまして☆

ペタありがとうございます(^-^)
私も昔、保育士をしていました。
専門学校の時にやはり実習があり、私は精神薄弱児施設に行ったのですが、今まで普通に接していた子が突然暴れだし、叩かれ、すごくびっくりしてしまったことがあります。
実習でほんの2、3週間関わるだけの私達ですから、信頼関係も強いわけでなく私自身も不安だったり、少なからず怖いという気持ちもあったんでしょうね(>_<)
そういう心の中の不安が相手の子にも伝わってしまったのかもしれないです。
信頼関係を築くって簡単なことではないと思います。
でも、逃げず恐れず真っ直ぐな気持ちで相手と関わっていけば、きっと相手にも伝わりますよね(^-^)

7 ■Re:はじめて知りました。

>しんけんれっどさん
25年も前の話ですから、
今はどうなっているのか、わかりませんが、
私も家のけっこうちかくだったのに、その施設の存在自体知りませんでした。
その学校に行ったおかげで、わたしは自分の今まで知らなかった世界を知ったきがしました。
そのころはまだまだ障害のある子は隔離してという親御さんが多い時代だったと思います。

6 ■はじめて知りました。

そうなんですか
そんな実習があるのですね。
それに重度の子たちの施設も実態を知らないなぁと・・・。
相手を知ることで不安から解放されるってのは実感としてわかります。私の場合は荒れるお子さんのケースが多いですが。いっしょに飯食ってみるとなんだこいついいヤツじゃんとなることがほとんどです。

5 ■Re:私も似た経験しました

>ことにゃんさん
そうなんですよね。
でも最初の一歩踏み出すのって、
すごく勇気が要りません?

その勇気を持たないと新しい世界に踏み出せないんですよね~

4 ■こんばんわ!

ぺたありがとうございます。
また遊びに来てくださいね!

3 ■私も似た経験しました

最初は初めての事にドギマギして
恐怖が先に来ます。
教科書通りに実際は行きません。
確かに勇気をもって接する事によって
何だか吹っ切れるというか「あれ、さっきの
恐怖感は何だったんだ?」て感じですよね^^

声掛け…どんな時も大事ですね^^

2 ■Re:無題

>みぃさん
私が実習に行ったのはもう、25年も前のことですけど、今もそのときの怖さが消えていった時の感動は残っています。
みぃさんもこれからそんな心に残る感動がいっぱい見つけられるといいですね。

1 ■無題

なんだか感動しました。

自分と違うからって怖がったりするのは同じ人間として失礼ですよね。

私は介護の勉強をしてるのでこれから障害のある方のお世話をしたりするかもしれません。

その時がきたらもえママさんのブログを思い出したいです★
プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。