スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望のない社会が子どもを追い詰める

子どもが自分を認められなくなっている3つ目の要因は

社会全体に希望がないこと。

今の子どもたちに、何歳まで生きたいか?と質問したらどんな答えが返ってくると思いますか?

60歳以上と答える子どもはすごく少なくなってきているそうです。若くてきれいな(または元気な)うちに死にたいという子が多くなっているそうです。

長く生きていたらきっといいことがある。とか、長く人生を楽しみたい。と思えるような要素が社会の中に感じられなくなってきているのではないかといっていました。

年金問題、少子化問題、福祉の問題。

ニュース見ていても、老後に希望持てないですよね。

生きていれば何とかなるさ。生きているだけできっといいことあるさ。と思えるような社会ではなくなってきているってことです。

自殺者も3万人もいるそうです。こんな社会だから、子どもはありのままの自分を認めるのが難しい。わかりますよね。

関連記事

子どもはいつも評価されている。

自分を認められない子どもたち


日本の国教は『世間様教』?






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。