スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のことは自分で決めさせてあげてください。

子供が自分を認められるようになる環境。3番目は、

●自己決定が出来る

安心して失敗できる環境にいると、自分の価値を認めて、自信を持って自分の進むべき道を進んでいけるようになります。

終身雇用が崩壊し、いつリストラされるか分からない、今の社会状況の中では、大人でさえ、試行錯誤しながら自分の道を歩んでいます。

子供たちも本当に自分のやりたいことを見つけるまでには試行錯誤が必要です。失敗しても、やり直せる環境があれば、恐れず自分で決定して、行動することが出来るように、なります。

社会に出ると、自分で決定して行わなければならない場面に必ず直面します。そのようなときに、適切な決断を下せるようになるためには、試行錯誤を繰り返しながらも、自分で決断する経験をつむことが必要です。

子供がやってみて、そして、やっぱりやめると決断したときに、「ほら、だからいったでしょう!」と言うのではなく、「やめるという決断ができてすごいね」と励ましてあげてください。

そのような経験をつんでいくことで、指示されたことしか出来ない人ではなく、自分で考えて判断できる人になることが出来ます。

そして、自信を持てるようになり、自分の価値を認めることが出来るようになります。

若いうちは失敗から学べるように、安心して失敗できる環境を与えてあげましょう。取り返しがつかない失敗をしないように、見守り、修正してあげる。最終的に自分で責任が取れないときは、大人が守ってあげる。そのために大人がいるんだと、私は思っています。

中高生のキャンプの企画の、リーダーをしたことがあるのですが、基本的には子供たちに話し合わせて、決めさせる。でも最終決定の前には、大人のリーダーのチェックが入る。

子どもたちが考えて持ってきた案を見て、危ないこととか、配慮の足りないことは指摘して差し戻す。

それを繰り返しながら企画を作っていきます。子供たちは、大人のリーダーにやりたいことをやらせてもらえるように、あの手この手で一生懸命説得してくる。大人側は、なぜそのままでは受け入れられないのか、説明して、改善点を指摘する。

それで失敗しても、大人のチェックが入っていますから、取り返しのつかないようなことにはならないように、配慮しているし、最終的な責任は大人が取ります。でも、その前に、なぜ失敗したのか、考えさせて、子供にも責任を取らせますけど。

大人に守られた空間の中で、失敗を繰り返しながら学べる環境は、とっても大事だと思っています。

家庭の中でも、そのようにしてげられたらいいのですが、家ではついつい、ああしろ、こうしろって指示してしまいがちです。子供が自分で選んで、決めたことは、やる気も高いです。

親にいわれてやっていることは、楽しくないし、やる気も続きません。

子供に自分で選んで決める環境を作ってやれるように、私ももっと気をつけなくちゃと思いました。

関連記事

子どもはいつも評価されている。

自分を認められない子どもたち


日本の国教は『世間様教』?


希望のない社会が子どもを追い詰める


自分の生き方に自信を持っていますか?


自分に価値があると思えるときにだけ勇気を持てる


信頼しあえる仲間はいますか?


安心できる居場所はありますか?








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。