スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供を尊敬することの大切さ。

子供が自分の価値を認められるようになるために、大人の出来ること。

1つ目の提案は、

子供を尊敬すること

この世には、どんなにお金を積んでも、高い地位を得ても、強制では手に入らないものが、二つあります。「愛」と「尊敬」です。

大人の側が子供を尊敬し、受け入れないと、子供たちは大人に心を開きません。心を開いてもらわないと、信頼しあえる対等な関係を築くことは難しいです。

子供たちはとても敏感です。表面だけ理解のあるポーズを作っていても、大人の心の中を見抜いてしまいます。

大人であれ、子供であれ、相手に心を開いてもらいたかったら、こちらから、心を開いて、相手を受け入れる姿勢を示さなければなりません。

世の中には本当にいろんな方がいるので、信じられないような言動をする人もいますが、間違ったことをやっていたとしても、その人を人として受け入れて尊敬することは出来る。とおっしゃっていました。

尊敬できないのは、その相手の問題ではなく、尊敬できない自分の問題であるとおっしゃっていました。

パパにこの話をしたとき、パパは「間違った行動をしているときは、受け入れて、尊敬など出来ない。間違っていることは、間違っているときちんとつたえないとだめだ!」と言っていました。

私の伝え方が悪くて誤解させてしまったのだと思います。

これは放任するということでも、間違っていてもそれをいいと認めるということでもありません。評価し、批判するのではなく、まず人として対等に接するということです。

親は、しらないうちにたくさんのことを子供に期待してしまっています。そして、それは、言葉にしていなくても、子供たちにしっかり伝わっているものです。

子供を愛しているからこそ、子供に期待してしまい、だからこそ、出来ていないところが目に付いて、ついつい口うるさくなってしまう。

それは親の望みであり、大人の都合ではないでしょうか?

愛情の裏返しでもあるこの親の期待が、子供たちを苦しめていることもあることに、気がついていない親もたくさんいるように思います。

今回の講師の方はお子さんが小さいとき髄膜炎になり、命の危険があると言われたことがあるそうです。そのとき、苦しむ赤ん坊を抱えて、夫婦で「生きてさえいてくれたらいい」と真剣に願ったそうです。

そのときに、「生きてさえいてくれたら、自分はこの子の人生の邪魔はしない!」と決心したそうです。

それ以来、子供を評価することなく、子供の自主性を大切に育ててきたそうです。学校の通知表もぜんぜん見ないそうです。先生がどう評価しようとそれはひとつの意見でしかない。と言っていました。

子どもはくもりないすばらしい感性を持っています。生まれてからの期間が長いというだけで、大人のほうが優れているとは限りません。

子どもたちを一人の人として、尊敬し、受け入れること。まず大人のほうから心を開き近づくのです。


関連記事

子どもはいつも評価されている。

自分を認められない子どもたち


日本の国教は『世間様教』?


希望のない社会が子どもを追い詰める


自分の生き方に自信を持っていますか?


自分に価値があると思えるときにだけ勇気を持てる


信頼しあえる仲間はいますか?


安心できる居場所はありますか?


自分のことは自分で決めさせてあげてください


子供が自分を好きになるために大人にできることって?







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。