スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと正直に話し合う。

今まで自分のやってきた子育てが、ちょっと違うんじゃないか、もっと違うやり方の方が、いいのではないか、と思ったとします。

もし、急に、教育方針を変えてしまったら、どうでしょう?

子どもは混乱し、迷ってしまいますよね。

親でも間違うことはあるし、今はこれでいいと思っていても、学び続けていれば、もっといいと思う方法に出会うこともあります。

そんなときは、正直に子どもと話し合うことが大切です。

もちろん、かんたんに、コロコロ教育方針が変わっては、子どもの教育によくありませんから、本当に変更した方がよいのかどうか、慎重に、よく学び検討することは大切です。

でも、教育方針を変えることは、子供によくないと、慎重になりすぎるのもよくありません。

もし、新しいやり方で成功すれば、それが家族の伝統となり、子どもたちはその新しい伝統を引き継いでいけるのです。

急に変えてしまっては子どもも迷いますから、是非、子どもも交えて、正直に話し合ってください。

そして、お互いに納得できたら、一緒に協力して、家族の伝統を作っていけるのです。


この話を聞いて、私は、自分の両親を思い出しました。

長期休みのたびに、家族会議を開いて、休みをどう過ごすか、ボーナスをどう使うか、子どもも交えて話し合っていました。

何かを禁止するとき、なぜそれがいけないと思うのかということを、まずしっかり話してくれました。

その両親の教育方針は、私の中で伝統として引き継がれています。

それを主人の受け継いできた伝統と調整しながら、今のわが家の伝統を作っているんだな~って思います。

家族のルールもそうだし、家族会議も、携帯などを使わせるときの契約書も、そうです。

子どもも一人の人として、尊重して、一緒に話し合って、いろんなことを決めています。

私は、間違えたら、正直に子どもに謝ります。その代わり、子どもも私にうそはつかないで欲しいと言っています。

まず、こちらが子どもに対して正直にぶつかっていかないと、子どもも心開いてくれません。

私だって、間違うし、弱いところもある。私はそれを子どもに隠しません。

正直に弱さも認めて、助けを求めています。

子どもたちはそんな私を受け入れて、支えてくれています。

私は、家事苦手なところあって、ダメダメなんですけど、子どもたちが本当によくフォローしてくれてます。

...と言っても、子どもたちも、弱点ありますし、気分にむらもありますから、だらしなくて、どうしようもないときもあります。

でも、お互い様だから、お互いに注意しあって、時々はけんかもしながら、暮らしています。

それでも、本当に困ったときには、きっとみんな本気で助けてくれる。

家族が一致さえしていれば、きっと、どんなことがあっても、何とかなるって思えるんです。

これって、すごく、幸せなことですよね。








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。