スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習指導要領その14

自然体験

とうとう最後の資料になりました!
やっとここまで来たか~

ところが、この資料突っ込みどころ満載で...
1回で書いちゃうのもったいないので、
ひとつづつはまた書きたいんですけど...

それにしても...これ本当ですか?

子どもたち自然体験少なすぎません?

一番数字の大きなキャンプなんて、
52.8%がしたことないって...!!

学校でキャンプ行かないんですか?

もしかして、バンガローとかオートキャンプとかはキャンプに入れないとか?
テントで寝たことがあるかどうかってことなのかな?
少年自然の家でのキャンプとかは入らないの?
それにしても半数以上...

地元の小学校は毎年6年生は夏にキャンプというか、
少年自然の家に行っての宿泊訓練がありますよ。

私が子どものときも夏の宿泊訓練と冬のスキー教室があったけどな~
希望者じゃなく全員参加で。

半分以上の子がキャンプしたことないってことですよね。

スポーツオーソリティーとか、DIYショップとかに行くと
あんなにたくさんテントやキャンプ用品売っているのにね~

もしなんか災害とかあって、
サバイバルな生活しなくちゃいけなくなったら
テントも張れない~火も起こせない~っていう子が
いっぱいいるんじゃない?

それって、思いっきり生きる力ないですよね~

この学習指導要領の資料の表紙
「生きる力」なんですけど...
どうやって、そこのところ育てていくつもりなのかな?

ボーイスカウトとかファミリーキャンプとかするとか?

まめこが6年生のときは私PTAの学年委員長で、
学年行事として夕方集合して、
学校できもだめしして、花火して、
星を見る会の方に来てもらって、
望遠鏡での天体観測とミニプラネタリウムをみて、
体育館で一晩お泊りしました。

背中痛くなって快適ではなかったけど、
災害時にはこんな風に体育館で生活することもあるんだぞ
...って先生が行っていました。

とても楽しかったんで、このことはまたいつか書くね。

とにかく、そんな風に災害時にサバイバルできる力
必要だと思うんです。

どんな植物が食べられるとか、薬になるとか、
これは毒があるとか...
知らないこと多くないですか?

私が小学生のときは野草園に遠足に行って、
基本的なこと教えてもらいました。
カラフルなきのこは毒があるからたべちゃだめ!とか、
漆の木と葉を見せられて、これには触っちゃダメとか。

今も春に実家に帰ると近くの土手で子どもたちと一緒に
いたどりやこごみを摘んで、おいしく食べてますけど、
そういう野生の食べられる植物とか、さかなとか、
毒をもっている虫や動物とか、

そういうのって、カリキュラムに入っていないよね。

マムシとアオダイショウのちがいとかさ~
ムカデは刺されると危険!とか...

なんかそういうの教えて欲しいな~

本当はそばにいる大人が教えなくちゃいけないんだよね。

でも、私は結構キャンプとか行っているし、
キャンプ指導者の訓練みたいなのも受けたことあるけど、
それでもわからないことだらけだもの。

私が子どものころはその辺の草摘んできて
これな~に?って聞くと、
母はたいていのものは名前教えてくれた。
私は答えられる自信ないな~
大人がこれだからダメなんだよね~

まず、大人が自然に帰らなくちゃいけないのかな?

生きる力...あなたにはありますか?

スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。