スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はひな祭り!

今日は3月3日、ひな祭りですよね!

私、今の子どもって季節感足りないから、季節の行事は大切にしたいって思ってるんだけど...

まだお雛様飾ってない~~~!!!

ちゃんと雛あられも買って、ひし餅の代わりに食べる、クリームチーズケーキの材料も買ってあるんだけど...

肝心のお雛様飾ってないの。

最近腰が痛くてね~

天袋から雛人形の箱を出す作業がきつくて...

今年は、小さなこまの雛人形セットだけ飾ろうって思っていたのに、それさえ飾っていない!

ここ数日確定申告の作業に追われて、何もできなかった...

ここでいいわけかいてる暇あったら、飾ればいいんだよね。

まずは飾るスペースを片付けないと...

もういい!

玄関のお花をどけてそこに飾ることにします。

ミシェル君がいたずらするだろうけど...

でも1日だけだし、そこに飾ろう!


夕飯はちらし寿司。

ちゃんと三角おにぎり二つにして、ひとつは卵で黄色い着物、もうひとつはのりで黒い着物を着せるの。

あっ!頭にするうずらの卵買ってこなくちゃ。

デザートは甘酒代わりのカルピスと、3色チーズケーキのひし餅風。

作業を早く済ませて、がんばるぞ~~~!!


姉貴がいないのがきついな~

毎年姉貴と一緒に作るんだよね。

お姉ちゃんは夜10時までバイトだし。

もえもえと一緒にやろうかな~

もう3年生になるんだもんね。

お手伝いできるよね?











学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

ランドセルが玄関に...もえもえはどこ?

先日、私体調が悪くて、もえもえの朝の準備はパパに任せて寝ていたんです。

玄関から、「お母さんいってきま~す」というもえもえの声が聞こえました。

ああ、無事にいったんだな~って安心して、1時間ほど寝ました。

のどが渇いて、下に下りていくと、玄関にもえもえのランドセルがおいてある。

え?

もえもえ具合でも悪くなって帰ってきたんだろうか?

玄関の鍵も開いている。

「もえもえ~」

呼んでも返事がない。

部屋にもリビングにもトイレにもいない。

ま...まさか、誘拐?

留守電のランプが光っている。

小学校から9時前に着信が入っている。

欠席連絡しないで休むと、大体この時間に電話がかかってくる。

もえもえ、やっぱり学校に行っていないの?

じゃあ、もえもえはどこ!?

学校に電話をしようと受話器を取ってリダイアルボタンを押す...

『今日は学校に来ていませんっていわれたらどうしよう!』

こわくなって、一度電話を切っちゃった。

何をびびってるの!

どっちにしても、電話して、もえもえの所在をを確認しなくちゃ!

もう一度勇気を持って、ダイアルする。

「はい、小学校です。」

「2年生のもえもえの母ですが、いつもお世話になっております。

お電話いただいていたようなのですが...」

「あ~。もえもえちゃんランドセル忘れてきちゃったというので、担任が業間休みにとりにうかがいたいとお電話したみたいです。」

「....すみません!私も今、ランドセルに気がついたんです。今から届けに伺います。」

......力抜けた~~~

ランドセル忘れていっただけだった~~~

それにしても、ランドセル忘れていくって、背中軽くて気がつくだろう!普通。

休み時間を狙って学校に届けに行くと2年生が集まってきた。

「もえもえちゃんのお母さん!ランドセル持ってどうしたの?」

「もえもえちゃんきょうランドセルわすれたんやで~」

「おばちゃん、おれがとどけたるわ~~」

そこにもえもえ登場。

「おかあさんありがとう~いそぎすぎてランドセル忘れた~」

「ランドセルなくて気がつかなかったの?」

「教室に入るまで気がつかなかったの。なんかみんなじろじろ見てるな~とは思ったんだけどね。」

みんな、変だと思ったんだろうね。

誰もランドセルは?ってきかなかったんだね。

...っていうか、普通忘れないよね。ランドセル。


でもね...朝もえもえのランドセルだけがあって、もえもえがいなかったのに気がついたとき、本当に怖かったの。

このまま、もえもえがどこかに行ってしまって、戻ってこなかったらどうしようって。

元気で、毎日一緒にいられるだけで、どんなに幸せなのか、感じちゃった。

学校ではお友達いっぱいいたので、ギュウできなかったから、帰ってきたときに、思いっきりギュウしました。

心配したんだよ~泣きそうだったんだから~~~!

あ~帰ってきてくれてよかった~~。

もえもえったらびっくりして、

「ごめんなさい。これからはランドセル忘れないようにするね。

それからちゃんと、寄り道しないで帰ってくるからね。」

って私の頭をなでなでしてくれました。


家族がみんな一緒にいられるって、本当に幸せなことなんですよね。

そして、それってそんなに長くない。

みんな大きくなったら巣立って行っちゃうものね。

今のこの幸せな時期を大切にしたいなって思いました。

姉貴が出て行っちゃうまで、もう少ししかないかもしれないものね....







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

母上~足もんで~

昨夜、パソコンに向かってブログを書いていたら、お兄ちゃんがやってきました。

「母上~足もんで~」

雪の中東京を歩き回って、私も足が痛くて、パパに足裏マッサージしてもらったので、お兄ちゃんも足が痛いのかな?

「ブログ書き終わったらでいい?」

「いいよ~まってるから」

ブログ書き終わって、お兄ちゃんの足裏マッサージをしました。

そういえば、お兄ちゃんの足もんであげるのすごく久しぶりかも。

昔は、成長痛で、よく夜中に泣いて、足をマッサージしたんだけどね。

あの頃の3倍くらい大きくなってるよ。

それにごっつくなって、男の足になってきたね。

パパの足よりも大きいんだもん。

でも、もんでみると、そんなにこってないんだよね。

「あんまりこってないみたいだけど...どのへんがいたいの?」

「痛いというより...足もんでほしかっただけ」

お兄ちゃんにやっと照れ笑い。

そうかぁ~

姉貴の受験のことで、私ず~っと、姉貴にかかりきりだったもんね。

もえもえもやきもち妬いたりしてたんだよね。

お兄ちゃんはもう大きいから、もえもえのようにやきもち妬いたりはしなかったけど、やっぱり寂しかったんだね。

いろんなこと話しながら、大きくなったお兄ちゃんの足をゆっくりマッサージしたのでした。

こういうスキンシップって大切だよね!







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

もえもえのやきもち

このところ、姉貴がかなりしんどそうなので、私は姉貴と話をしていることが多いです。

好きな小説の話をしたり、恋愛観を話し合ったり。

勉強とは関係ないこといろいろ話しています。

そうするとね....

もえもえがすご~くやきもちやくんです。

「ねえ、ねえ、おかあさ~ん。もえもえのはなしもきいて~」って。

でもね~それいうときって、たいてい、話が盛り上がって、熱くなっているときなんだよね~

「ちょっと待って、この話が終わってからね」

って言っちゃうことが多かったの。

そうしたら、最近もえもえが私にべったりくっつくようになりました。

元からギュウが大好きなもえもえですが、最近はギュウーして離れない。

ご飯作っているときも、洗濯たたんでいるときも、トイレにまでついてこようとするんだよね~

ちょっとくっつきすぎです。

この間、二人でお風呂に入ったときに、じっくりそのことはなしてみました。

「もえもえは最近ずっとお母さんにくっついてるよね?」

「うん。」

「どうしてかな?」

「だってお母さんとギュウしていると気持ちよくて安心するの」

「ギュウしていないと不安なの?」

「...さみしい気持ちがする」

「いっしょにいても?」

「...さわってないとさみしくなる」

「う~ん。どうしてかな~?」

「....」

「さわっていないと、おかあさん、とられちゃうきがするの?」

だまってうなづく。

「そうか。最近お母さんが姉貴とばっかりお話していてさみしかったのかな?」

うなづく。

「お母さんは、いつでももえもえが大好きだよ。もえもえが学校に行っていて、見えないときでも、もえもえのこと大好き。」

「もえもえだって、おかあさんのことだ~いすきだもん」

「ありがとう。すご~くうれしい」

「でもね、お母さんは燃えもえのこと大好きなように、姉きのことも大好きなの。」

「もえもえも姉貴のこと好き?」

うなづく。

「姉貴が最近元気ないの知ってる?」

「うん。いっぱいないてた」

「心配にならない?」

「心配に決まってるよ。家族だもん。」

「そうだよね。心配だよね。」

「お母さんもとっても心配なの。姉貴はもう体は大きくなったけど、今みたいにつらいときには、まだお母さんに甘えたいときもあると思うんだ。」

「....」

「お母さんは、もえもえのお母さんだけど、姉貴のお母さんでもあるんだ。だから、いまは、姉貴がお母さんに甘えられるように、姉貴といっぱいお話しているの。」

「いっぱいお話して甘えてるの?」

「うん。姉貴はもう大きいから、恥ずかしくってもえもえみたいにギュウして~っていえないから、ギュウするかわりにいっぱいお話しているんだよ。」

「そうなんだ。」

「姉貴もさみしいみたいなの。だから、いっぱいお話して、姉貴に大好きだよ~てつたえているの。」

「わかった。もえもえも姉貴といっぱいお話しする」

「ありがとう。もえもえはギュウもいっぱいしてあげて。もえもえのギュウは最強だから。」

「わかった。」

「じゃあ、お母さんが姉貴といっぱいお話していても我慢できるかな?」

「...朝と夜寝るときはいっぱいギュウしてね。」

「もちろん。」

「じゃあ、もえもえ我慢できるよ。」

この話し合いのあと、もえもえのくっつき虫は少しよくなりました。

かわりに姉貴にくっついていってます。

子どもは4人。でも私は一人。

一人のことに夢中になると、ほかの子の気持ちを見落としてしまったりする。

あ~~~!!4つに分身できればいいのに~

一人の子どもの心も受け止めきれないのに、4人みんなをいつも見守っていけるのだろうか?

...でも、4人いるから、こうやって、助け合っていけるんだよね。

もえもえだって、まだ8歳だけど、姉貴のこと真剣に心配してる。

私が至らない分、子どもたちがお互いにフォローしてくれてる。

あ~!4人の子どもたちみんな大好きだよ~!

私のところに来てくれてありがとう!!







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

おうちがいいの~

おはようございます。

もえママです。

今日から学校始まりましたね~

もえもえは、朝からご機嫌斜めでたいへんでした。

昨日までおばあちゃんとねえね(私の妹)たちが来ていて、いっぱい遊んでもらって、プレゼントも買ってもらって、楽しい日々を過ごしていたんです。

3時の飛行機だったので、空港まで見送りに行って、帰ってきてから、残っていた宿題を仕上げて、持っていくものを準備して、早起きできるように早めに寝たのですが....

朝起こしても、起こしても、寒いよ~と言って布団から出てこない。

やっと布団から出てきたと思ったら、今度はもっとギュ~して~と言って私から離れない。

お迎えに来てくれた隣のお姉ちゃんには先に行ってもらって、ゆっくりご飯を食べて、車で送っていくことになりました。

出かけるときも、なかなか動かない。

やっと靴を履いて、ランドセルは背負うのはいやだというので手に持って車へ。

学校についても車から降りようとしない。

「どうしたの?」と聞くと、

「学校に行きたくない~」と泣き出しました。

「どこか痛いの}

「....」

「頭とか、おなかとか...心とか?」

「...こころ」

「そうか、心が痛いのか。どんなふうに?」

「お母さんといっしょにいたいの。はなれたくないの」

そう言って、しがみついてきます。

抱っこして、頭をなでながら、何故学校に行くのかを話し合いました。

「おべんきょうきらい?」

「ううん。でもおうちでもおべんきょうできる...」

「そうだね。国語や算数のお勉強ならおうちでもできるね。

でも、おうちではどうしてもできないおべんきょうもあるんだよ。」

「なに?」

「お友達と仲良くしたり、たすけあったりするおべんきょう。」

「それもおべんきょう?」

「うん。大人は、たくさんの人と助け合って、世の中のために頑張って働いているんだよ。お父さんもお母さんも頑張ってお仕事しているでしょ?」

「うん。」

「みんなの役に立てるようになるには、学校に行って、たくさんのお友達と仲良く助け合う勉強しなくちゃ。」

「でも、さみしい...」

「お母さんも、もえもえと離れるのは寂しいけど、学校が終わったらまたすぐ会えるよ。」

さらにきつくしがみついてくる。

「今日は、始業式だから、体育館で校長先生のお話聞いて、教室で先生のお話聞いたら終わりでしょ?」

うなずく。

「じゃあ、帰ってきたら、ママとデートというのはどう?」

目がキラキラッと輝く。

「何か美味しいもの食べに行く?」

うなずく。

「じゃ、頑張って学校行こうか。」

「ちょっと待って、涙がひっこんでからね」

こうして、校門についてから15分。

やっと登校したのでした。何とか遅刻しないですみました。

前回は、翌日熱出して、インフルエンザだったからね~

本当に体調が悪いのかどうか、色々観察してみたんだけど、熱はないし、顔色も悪くない。

まだ眠そうだったけどね。

緊張してよく眠れなかったのかもしれないね。

とにかく、今日は自分から手を振って登校したので、よかった。

元気に帰ってきたら、デートしなくっちゃ。どこにいこうかな~。








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

母に学んだこと、ちゃんと伝えられてるかな?

今日は仙台からおばあちゃんも着ていたので、もえもえは振袖を着てお出かけしました。

四日市の近鉄デパートに行ってお食事もしました。

いつもなら、うれしくってはしゃいで走り回るのですが、着物を着ているとそうはいかないんだよね。

いつもより歩幅も小さくなるし、おしとやかになってました。

実は、今日来た着物は、押切もえデザインの着物で、模様の中にMOEって書いてあるんです。

それを見つけたパパがもえもえの七五三にって買っちゃったんですよね。

でも、結局、七五三はスタジオアリスで着物借りて写真撮ったので、この着物まだ一度も着ていなかったの。

絹じゃないので、家で洗うこともできるし、お正月だし、おばあちゃんも喜ぶだろうから、着物着ちゃおう!ってことになったんです。

着せてみて思ったんだけど、着物ってやっぱりいいよね。

華やかだよね~

日本人に生まれたからには、きれいに着物を着れる女性になって欲しいな。

帰ってきてから、お姉ちゃん達と一緒に着物のたたみ方を教えようと思ったんだけど....

たたみかた、ちがうんだよね~

日本女性のたしなみとして、着物のたたみ方教えておきたかったんだけどな~

まずは、夏に浴衣で教えることにしました。

私は母に着物のたたみ方教わりました。

「浴衣着たかったらきちんとたためるようになりなさい!」って。

こういうことって親が子どもにきちんと伝えていかないと、覚えないよね。

母に教えてもらったこと、きちんと伝えていかなくちゃ!

着物での立ち居振る舞いも、ちゃんと教えてあげなくちゃね。

畳のふちや敷居を踏まないようにすることとかも、教えておかないとわからないよね。

まずは自分がきちんと学ばなくちゃ~

自分が母から学んだことを子どもに伝えていく。

子育てって、文化の伝承でもあるんだな~って思いました。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

家族のやさしさが心にしみたお正月でした。

あけましておめでとうございます☆

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

...ってかなり遅くなってスミマセン。

実は年末年始は私の実家の仙台に船で行ってまいりました。

名古屋から仙台、19時発で、翌日の16時40分着でした。

大きなお風呂に入って、サウナにも入って、映画を見て、のんびり過ごしました。

船の旅は結構快適です。

ただ、ネットはつながらないので、ブログは全然のぞけませんでした。

仙台に行ってからも、あっという間に時間がすぎてしまって。

たいへんご無沙汰しました。

実はもえもえはこの間にお誕生日を迎えました。

帰りの船に乗る日が誕生日だったので、おばあちゃんに美味しいケーキを買ってもらって、仙台のおうちでみんなで歌うたってケーキ入刀して、おばあちゃん達の分だけケーキ置いて、自分達は食べずに船にケーキ持って乗り込みました。

食べてる時間なかったんだよね~

船の中で家族でゆっくり食べながらお祝いしました。

夜は船のディナーバイキングで焼きたてのステーキも食べました。

もえもえは1枚だけど、お姉ちゃんは2枚?3枚?

私はステーキは1枚だったけど、色々食べ過ぎて、次の日おなかこわしちゃいました。

食い意地はっているよね~恥ずかしい。

8歳になって、少しはおねえちゃんになったかな?と思っていたのに、さっそくその夜も「お母さんと寝る~」と言って私の布団に入ってきました。

ギュウしながらじゃないと眠れないんだって。

甘えん坊で困ったもんだ。

でも、今だけですからね~そのうち頼んでも一緒に寝てくれなくなるから。

頭撫でながらギュウして、ほかほかしながら寝ました。

子どもって、あったかいよね!

私が食べ過ぎておなか痛くてうなっているときは、小さい手で一生懸命背中さすってくれました。

気持ちよくて、うれしくて、涙出てきちゃいました。

最初はパパが背中さすってくれて、それ見て真似してやってくれたんだよね。

パパの優しさにも感謝です。

家族の優しさを感じて、パパにも子どもたちにも愛されているな~ってうるうるしてしまいました。

具合悪い時ってやさしさが心にしみるのよね~

この家族と一緒に過ごせるだけで、とっても幸せって思っちゃいました。

実家では母妹達、昔馴染みの友人達ととっても楽しいときを過ごせたし...

今年一年頑張るためのパワーをもらえた気がします。

今年も頑張るぞ~~!!

...ということで、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

もえママ








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

インフルエンザでした。

もえもえは、ゆうべほっぺが真っ赤になって、触ってみたら熱いんですよ~

熱を測ったら38度。

この熱の上がり方....怪しい。

今朝もまだ熱かったので、さっそく病院へ。

検査をしたら待つまでもなく、あっという間に、Aのところに赤いラインが!!

A型のインフルエンザでした。

その病院では今シーズン初のA型インフルエンザだそうで、倉庫から薬を取ってきてくれました。

タミフルは使わないほうがいいとのことで、リレンザという薬をもらいました。

ディスクに穴を開けて吸い込む薬です。

もえもえったら、病気になったら甘えモード全開になってます。

「おくすりのみたくない~」

「ママが手をにぎってくれないとねむれないよ~」

「とっても暑くてふらふらするからそばにいて~」

もう、全然側を離れられません。

学校に成績表や荷物をとりに行った時に先生とお話したのですが、昨日の朝の甘え泣きも、体調悪かったからかな?

子どもがぐずるのにはやっぱり何か原因があるものですね~

お願いだから、他の子どもたちに次々うつりませんように~!!

家の中でもマスクして、アルコールで消毒しまくってます。

それでもうつるときはうつるんだよね....

あったかくて、栄養のあるもの食べさせて、体力つけてあげなくちゃ!








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

ママにくっつき病

もえもえったら、今朝、学校に行こうとして、掃除機につまずきました。

そうしたら、足が痛い~ってぐずりだして....

「涙が出そうになって、どうしても学校に行けないの...」

「まだ足が痛いの?病院にいく?」

「もうだいじょうぶ」

「じゃあ、どうしてなみだがでそうなのかな?」

黙って私を見てから抱きついてくるんですよね。

しばらくギュウしていたんだけど、全然離れない。

「遅刻しちゃうよ~自分でいける?」

抱きついたままで首を振ります。

「じゃあ、どうしてほしいの?」

「送って行ってください.....」

車で学校まで送っていきました。

校門についても車から降りない。

「行きたくない~」

とまたぐずりだしました。

「どうして行きたくないの?」

「おかあさんと一緒にいたいの」

学校で何かいやなことあるのか、あの手この手で聞いてみたけど、首を振る。

車のそばでそんなやり取りをしていたら、あいさつ運動できていた、民生委員さんや先生が、心配そうに近づいてきた。


「じゃあ、おかあさんもいっしょにいくから」

足にしがみつかれたまま、昇降口まで行く。

しばらく、ギュウしてたけど、らちがあかない。

先生も心配してきてくれたので、意を決して、足にしがみついている手を持って引き離して、しゃがんでもえもえの目をしっかり見ました。

「お母さんもう行くね。」

しがみつこうとして泣いたけど、すっと抜け出して、走って逃げてきました。

隠れてそっとのぞいたけど、先生がちゃんと対応してくれていたので帰ってきました。

来年はもう3年生なのに、こんなんで大丈夫かな~?

帰ってきたら、ゆっくり話聞いてみようと思うけど....

今までのパターンだと、帰って来る頃には朝のことすっかり忘れているんだよね。

先生、お手数かけてスミマセン~

でも、あそこで私がいつまでもいると、かえってやりにくいんじゃないかと思って、逃げてきちゃった。

私が保育士だった頃は、朝泣く子は、振りほどいて出て行ってもらったほうが、助かったんだよね。

お母さんいるうちはいつまでも甘えて泣くから。

でももう三年生。幼児じゃないからね~

今年の担任の先生は相性もバッチリで、大好きだって言ってるんだけどな~

何が原因なんだろう?








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

お留守番のあとのギュウは格別。

東京に行っていたとき、大人たちは用事があったので、もえもえはミシェル君とで叔母ちゃんの家でお留守番でした。

いつもいい子でお留守番してくれるので、私もパパも、心置きなくいろんなお手伝いができて、いろんな人にも会えて、とっても充実した時間を過ごしました。

そして、もえもえの待つ叔母ちゃんの家へ。

玄関の扉を開けて中に入ると、もえもえが笑顔で、かけてきます。

「お母さん!お帰りなさい!」

首の周りに手を回して、しっかり、苦しいほどギュウ~ってしてくれます。

もえもえのぬくもりが心にあたたかくしみてきます。

「ただいま~」

「おかあさん...会いたかった」

「お母さんも会いたかったよ」

離れていたのはたった半日。

学校に行っているときとそんなに変わらないはずなんだけど、もえもえは、「お留守番」を頼まれていたから、もえもえなりに緊張して頑張ってたんだと思う。

ほっぺをすりすりして、やっと落ち着く。

「パパにもお帰りしてね。」

今度はパパにギュウしに行って、「たかい、たかい」してもらって、うれしそうにはしゃぐ声が聞こえる。

「もう、いつまでも子どもだな~」お兄ちゃんの声。

「何?お前もしたいのか?」

「ちがうよ~」

「わ~~~!!」

子どもたちとパパがくすぐり合戦を始めたみたい。

そんな子どもたちとパパをみていると、本当に幸せだな~って涙が出そうになる。

こうやって家族がみんな一緒に笑いあえることって本当に幸せだなって。

もうすぐ、姉貴から順番に(たぶん)巣立っていくんだよね。

みんなで一緒にいられるのって、あとどのくらいなんだろう?

今のこの幸せな時間を大切にしたい!って、心から思いました。









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

おやつカンパニーに行ってきました!

月曜日は運動会の代休でおやすみ!

もえもえと一緒に小学校の家庭教育学級の企画でおやつカンパニーに行ってきました。

工場見学はベビースターラーメンを作っているところ。

ビデオでの説明もあり、わかりやすかったよ。

最後におやつカンパニーのおかしを自分で5袋詰めてもらってきました。

$フォルスクラブの学習システムで楽しく子育て

ここにある、カレーうどん、パスタ、焼きそばももらってきました。

パスタとか見たことなかったから食べるの楽しみにしていたんだけど....

気がついたらパパが食べちゃってた~~叫び

ミートソース味だったらしい。

あ~あ。食べたかったな~

そういえば、ベビースターのキャラクターに名前があるのって知っていました?

ノーマルのベビースターの中国服を着ているのが「ベイくん」

その女の子バージョンが「ビーちゃん」

黄色い帽子の中国服が「シェフ」

はちまきしてるのが「たいしょう」

あとは覚えてないけど....

そのキャラクターのファスナートップをもらってきました。

$フォルスクラブの学習システムで楽しく子育て

けっこうかわいいでしょ?

これで工場の仕組みとか少しは興味持ってくれたカナ?










学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

もえもえにお部屋?ができました。

わが家では、基本的にはみんなリビングでお勉強して、ゲームして、パソコンして...と、家族みんながほとんどリビングで生活するというスタイルをとっています。

特に、夏の間はエアコンをつける関係もあって、リビングにみんな集まって過ごしています。

寝るのだけはそれぞれ自分の部屋に行くのですが、今年の夏はあんまり暑いので、みんな扇風機ではがまんできなくて、リビングのソファーベットと、床の上に寝袋でごろ寝していました。

だから、もう、リビング散らかって散らかってしょうがない。

寝巻きやくつしたまでリビングに散乱しだして、とうとう私が切れてしまいました。

何とかせねば!!

そこで、お姉ちゃんの部屋に2段ベットを買うことにしました。

結局は上がベットで下は机になっているノを買って、下はもえもえのスペースにすることにしました。

$フォルスクラブの学習システムで楽しく子育て

もえもえはもう大喜び。

この間のSMAPのコンサートのお土産にもらった、木村くんのポスターをさっそく貼って、ご機嫌です。

あんなに「ママがいないと寝られない~!」と言っていたもえもえですが、

「今日からはおねえちゃんと一緒にベットに寝る」

といって、枕を持って、私たちの部屋から出て行きました。

なんかちょっとさみしい....。

まだ暑いから、扇風機だけではちょっと苦しいんだけどね。

案の定、翌日からは、私たちの部屋に戻ってきました。

もっと涼しくなるまでお預けだそうです。

来年の夏に間に合うようにエアコンを購入することを考えています。

アメリカでは子供は生まれたときからベビーベットを用意して、一人で別室で寝かせます。

日本ではまだまだ川の字で寝ている家が多いのではないでしょうか?

私は、家族で一緒にごろ寝するのが好きです。

まあ、思春期になってきたら、さすがにそれぞれのベットが必要になってきますけどね。

個室に鍵をつけて子どもだけの空間を作るというのは、マイナスの部分の方が多いように思えます。

勉強だって、食卓で充分。

みんなで食卓で勉強するのって楽しいですよ。

最近はお姉ちゃんの宿題は絵なので、さすがに、別のテーブルでやってもらうこと多いけど....

...というわけで、今中2のお兄ちゃんも自分の机持っていないのに、もえもえが机をもらったので、お兄ちゃんはちょっと不機嫌でした。

みんなで話し合って、使いたいときは貸してあげるということで解決。

4人もいると4つ机なんて置けないからね。いろいろ妥協してもらっています。

もえもえはさっそく机に向かっていました。

こっそりのぞいたら、一生懸命絵を描いていました。

今日は宿題ないの?と聞いたら、「忘れていた~」と、漢字ドリルとノートと筆入れを持ってリビングへ。

結局勉強は食卓でするんだよね。習慣って恐ろしい。

まあ、勉強道具の置き場所が決まったということで、よかったかな。

私としても、まだ低学年のうちは親の目の届く食卓でお勉強してもらった方が助かるからね。









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円

大好きギュウはパワー絶大!

今日は久しぶりに実家に来て羽を伸ばしています。



妹や母と過ごす時間はとても楽しく、心の休養になります。



さっき母がデイケアに出かけていきました。



いつも母を介護してくれている妹やデイケアの方々には本当に感謝です。



私が家を離れていたため、もえもえは今朝学校に行きたくない!とパパと姉ちゃんたちを困らせて大変でした。



足の成長痛がひどかったらしく、べそをかいていたのですが、もう時間のなかったパパに早くしろ!って言われて大泣きになってしまいました。



電話ではギュウができないので、なだめるのきつかったです。



ギュウって抱きしめることがどれだけもえもえに安心感を与えているのか、あらためて感じました。



抱きしめて、ほっぺくっつけていると肌と肌で心が通じているというか、もえもえが落ち着いていくのを肌で感じるんですよね。



大丈夫。ママがついているよ。っていうメッセージも言葉で伝える何十倍も強く伝わっていく気がします。



パパだとおひげが痛くてほっぺくっつけるの嫌がるからな~。なかなかママのようにはいきません。



けっきょくは姉貴にフォローをお願いしました。



自分がいつもどれだけスキンシップに頼っているのか思い知らされた出来事でした。



子供が言うことを聞いてくれないって悩んでいるお母さん。



ギュウって抱きしめてあげたら、案外簡単に解決するかもしれませんよ。



私は日々、同じような状況のときはギュウって1分も抱きしめていれば、たいていもえもえのご機嫌なおっちゃいますから。



そして笑顔になります。ママのお話きちんと聞いてくれるようになります。このお話を聞く気持ちになってもらうって言うのが一番手間がかかって大変なんですよね。



そこを手を抜いていくらお話しても、子供の心が受け入れモードになっていないので、お互いにいやな思いをしたりするんですよね。



お話しする前にギュウして心つながっていると、すべてがスムースに進んじゃうことおおいです。ついでに私ももえもえからパワーもらって元気になります。



「大好きギュウ」のパワーは偉大です!



うそだと思ったら、一度お試しください。ギュウしているとき「大好き~~ママが守ってあげるからね~~~」と心の中でささやき続けるのがコツです。



やってみたら感想教えていただけたらうれしいな。











学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ


ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

わが家の米炊き職人

おはようございます!もえママです。

夕べ遅くまでいろいろと雑用をしていたので今朝は寝坊してしまいました。

慌てておきたらもう8時だった!!

子どもたちは私があまりに気持ちよさそうに寝ていたため起こすことなく自分で準備して学校に行ってくれたようです。

普通だと、こんなときお弁当困りますよね。

実はわが家ではおにいちゃんが毎日お弁当自分で作って持っていくので、こんなときでも大丈夫だったりするんです。

うちは4人も子どもがいるので家の仕事を分担してみんなで受け持っています。お兄ちゃんは米炊き係で、毎日ご飯を炊いてくれています。

玄米を精米機で精米して、研いで、炊飯器で炊くんだけど、お兄ちゃんが炊くと美味しいんだよね!!

お兄ちゃんが米炊き係に就任したのは小学4年生のときだったかな。前米炊き職人の姉貴のもとで1ヶ月くらい修行してからひとり立ちしました(笑)

今ではもう私も姉貴もかなわない。気候やおかずに合わせてご飯の固さを微妙に調整するんだよね。

外食してもうちのコメより美味しいご飯に出会うことは少ないって思うくらい、我が家のご飯美味しいです。おコメも仙台から玄米で送ってもらっているのもあるけど、お兄ちゃんのこだわりのおかげというのは大きいです。

そのおにいちゃんがお弁当を自分で作るようになったのには姉貴の同級生のお兄ちゃんの影響が大きいです。

そこの家族とは家族ぐるみのお付き合いをしていて、お兄ちゃんのように可愛がってくれていたんだよね。その子が中学になったときにやっぱり自分のおべんとう自分で作っていて、男でも料理くらいできないとかっこ悪いっていつも言っていたの。

それを聞いていたうちのお兄ちゃんは自然と中学になったら自分でお弁当つくるのあたり前って思うようになっていたんだよね。

今朝起きてきたらお兄ちゃんが作った玉子焼きが残っていて、とっても美味しかった。

なんでも親にやってもらって当たり前という子供をたくさん見ますが、自分のことは自分でやって当たり前という意識を植え付けてくれたその仲良しのお兄ちゃんに本当に感謝しています。

今も家を出て自分の夢に向けてしっかり勉強しておにいちゃんに背中でいろいろ教えてくれています。実家に帰ってくるとうちにも顔を出してくれて、いろんな土産話を聞かせてくれます。

そこのお母さんと私はとても仲がいいので、いつも子育てについて、いろいろ話しています。考え方が似ているところもたくさんあるし、お互い影響しあっているところもある。

こうやって一緒に協力して子育てしている仲間がいるって本当すばらしいことだなって思います。

自分のことは自分でやるという当たり前のことが、できない子ども多いんですよね。親や大人にしてもらって当たり前って言う子がたくさんいる。

自分で家族のために分担した仕事をしていると自分もしてもらうことに感謝する気持ちが育ちます。

家族にいつも「美味しいよ、ありがとう」って言われていると自分もありがとうが言える子になれるんです。

中2という難しい時期だけど、私を気遣って好物の肉まんを買ってきてくれる優しいお兄ちゃん。私の自慢の息子です。





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

台所に立つ子供たちっていいの?悪いの?

もえママで~す。まだ咳が止まらないよ~!カゼコンコン


今日もえもえが学校から市P連の教育講演会のチラシをもらってきました。
テーマは「台所に立つ子どもたち」~家族の絆はいつ生まれるか


これって、子供が台所に立つのはいいってことなの?悪いってことなの?すごく気になる!!!


なぜって、私はめちゃくちゃ子どもに料理させてるから!!
子どもに料理させて手を抜いているお母さんはダメですよ!って言われたらいやだな~


私は子供が台所に立つというのはすごく素晴らしいと思っているんです!


うちのお兄ちゃんは毎日夜のご飯を炊いてくれています。そして、朝には一番早起きして、自分でお弁当作って持って行きます。お姉ちゃんたちの分もおかずを作ってくれてることもあります。


そうやって料理しているうちにどんどん腕が上がって、いろんなものが作れるようになりました。バレンタインデーに美味しいバウムクーヘンを焼いてくれたって前に書きましたよね!


最近食育って言葉をよく聞きます。


食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。2005年に成立した食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられている。とWikipediaには書いてあります。


簡単に言えば食べることに対する教育ですよね。法律までできちゃったんですね。


一緒に作って、一緒に食べることが一番!と私は思います。


お兄ちゃんは自分で料理するようになって、材料の産地や旬も気にするようになりました。食事の買い物もよく一緒に行きますが、どっちがどれだけ安い?でもどっちが体にはいい?おいしいのは?と考えてバランスのいいものを選ぶようにしています。


これが食育の基本じゃないの?って思います。


この講演会は8月7日で、私実家に行っているかもしれないんだよね。
どんな話か、気になるな~

今年も受験生の母になってしまった。

最近はアメブロにはまってしまって、
こっちのブログの更新がとても少なくなってしまっています。

アメブロでは

フォルスクラブの学習システムで楽しく子育て

ここで書いています。
よかったら遊びに来てください。


そちらには書いているんだけど....

この記事です)

実は、突然今年も受験生の母になってしまいました。

というのは、

姉貴が学校(高専なので5年間の予定だった)をやめて

受験するって言い出したのです。


今まで苦しんでいた姉貴を見ていたから、

受験するって決めてからはすっきりした顔で

毎日きちんと自分でおきて学区にいっているのを見て、

よかったかなって今は思います。


大学受験って、そう簡単なものではないということは知っているつもりなので、

今から突然受験っていってもそう簡単に合格できないって覚悟はあります。

でも最初から諦めていたら始まらないからね!

姉貴を信じてしっかり応援して行くつもりです。


高校中退になるので....

まずは8月に高卒認定試験を受けることから始まります。

高専は結構授業進んでいるので、1科目政経だけ受ければいいらしい。

まずはそれで大学受験資格をGETすべく頑張っています。


...って頑張っているのは姉貴で、私は応援団ですが。

何もいわないことが一番の助けになるっていわれているので、

毎日忍耐して「勉強は?」って聞かないように努力しています。


いつになったら本気モードになるのかわからないけど、

今はまだ学校も通っていて、最後の高専での日々をエンジョイしているようです。




学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円

テーマ : 勉強と子供
ジャンル : 学校・教育

子どもの継続力は親の忍耐力

ブログを回っていたときに
剣道をやっていらっしゃるお父さんのブログに出会いました。

剣(つるぎ)の心というブログです。

そこの記事で子どもの継続力についてい書いてありました。

子どもの継続力

ついつい口に出して「勉強しなさい!」とか「かたづけなさい!」とか
いってしまいがちですが、
そこをぐっと我慢して、優しく見守り励まし支え続けることで
子どもが自発的に続けていける本当の継続力が育まれるんですね。

最初に靴を自分ではけるようになるときって
急いでいるからっていつも親が手を出していては
子どもが自分から靴をはくのは遅くなってしまう。
親が待ってあげる余裕が必要です。

習い事だって、親が強制的に行かせていたのでは長続きしません。
待ってあげないと子どもは育たないんですよね。


子どもの継続力を育てるのは親の忍耐力
って聞いて、なるほどな~って思いました。

自分の思いではなくって
子どもの気持ちをくみとって
先回りせず、待ってあげるって大切なことですよね。

勉強させてもらいました。
今日はおねえちゃん帰ってきても、勉強しろっていわないぞ~!!

もし明日が来なかったら

今日ブログを見て回っていたら

あるブログに次のような詩がのっていました

9.11のテロの後に書かれた詩だそうです。



最後だとわかっていたなら

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしはもっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるよう祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしはあなたを抱きしめてキスをして
またもう一度呼び寄せて抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声を聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしはその一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

確かにいつも明日はやってくる
見過ごしたことも取り返せる
やりまちがったことも やり直す機会が
いつでも与えられている

「あなたを愛してる」と言うことは
いつだってできるし
「何か手伝おうか?」と言うことも
いつだってできる

でももしそれがわたしの勘違いで
今日ですべてが終わるとしたら
わたしは今日
どんなにあなたを愛しているか
伝えたい
そして私達は 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめるのは 
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず 

もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に
その人の最後の願いになってしまったことを
どうしてしてあげられなかったのかと
だから今日 あなたの大切な人達を
しっかりと抱きしめよう

そしてその人を愛していること
いつでも いつまでも
大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝えるときを持とう

そうすればもし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

     (ノーマ=コーネット=マレック)


お姉ちゃんが初めて一人で学校に行きだしたとき、
ちゃんと帰ってこれるかな?って心配で
帰りの時間になるといつも玄関の外まで出て
迎えに行っていたことを思いましました。

今日のこの出会いが最後かもしれないと思ったら、
もっと優しく接することができるはず。

手を抜かないでもっと必死に愛情を伝えるはず。

いらいらして子どもにあたりそうになったときに
思い出したいな~と思いました。

今日はこの詩のおかげでちょっと優しいママになれそうです。

mioさん。ステキな詩を紹介してくれてありがとう!

ほめる子育ては間違い?

ここ数日は風邪を引き込んじゃって、
寝込んでました。
ここ10年で一番ひどい風邪だったかも。

まだなんか頭がくらくらしています。
早く元気になりたいな...


ところで...タイトルに書いた
「ほめる子育ては間違い?」についてですが、

最近の親は甘い!!もっと厳しく!!...というわけではありません。
最近見つけたブログで
「ほめない子育て.勇気づけママ」
というタイトルのブログがあったんです。

「ほめる」ことと「勇気づけ」の違いはなんだろうって
興味を持って、読んでみました。

具体的な場面とそのときの対応が具体的に書いてあって、
とってもわかりやすくて、とても好感を持ちました。

コメントするととても丁寧に返答してくれて、
原田さんの人柄もとってステキ!って思いました。

子育ての手引きとかって抽象的に書いてあるものが多くて、
なるほどとか、わかると思っても実践しにくいものもあるじゃないですか。
でもこのブログを読んでいると
すぐに実践できる!って思えるんですよ。

その原田さんが今回読者さんからの要望もあって
子育ての基本になる考え方とそれを実践していく
技術をまとめたテキストを作りました。

叱り続けなくても、子どもを伸ばす方法を知りたい。
こんな場合、どう声がけをしたらよいか知りたい。
「ほめる」と「勇気づける」の違いを知り、子どもを伸ばしたい。

そう思う方がいたら試してみてください。

ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法

ほめるのではなく勇気づける。

子どもたちを信じて見守る心が子どもたちに伝わるように
そのスキルを磨くにはいいんじゃないかと思ったので紹介しました。

今子育て真っ最中で悩んでいる人にはお勧めです!!

ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法

きれいな言葉を書ける子に育って欲しい!

私の父は高校の国語の教師でした。

だからかもしれませんが、

言葉にはこだわりがあって、

変な言葉を使うと注意されたものです。


あるとき、私が「やばい」と言う言葉を使ったとき

「『やばい』というのはヤクザの使う言葉だから貴女には使って欲しくないな。

 『まずい』といった方がいいんじゃないか。
 
 手紙だけで恋に落ちていた時代もあったんだよ。
 
 きれいな言葉はきれいな心を映し出すものだよ」


...みたいなことをいわれた記憶があります。



確かに平安時代には、

短歌を交換しているだけで恋に落ちていったんですよね~

文字の美しさと短歌のセンスがもてる女の条件だったんだよね。


何でこんなことを書いているかというとこんなブログを見つけたからです。

誰でもモテ文章が書ける! 現役コラムニストが贈る マル秘レシピ1000


これだけメールやネットが発達してくると

メールやブログで知り合って結婚ってことだってあるよね。

実際、前に私のやっていたメーリングリストで知り合って結婚した人いるもの!!

ちゃんと結婚式にも出席したもの!!


うちの子供たちにもきれいな文章が書ける子に育って欲しいな~

一番心配なのは...おにいちゃんかな。

「ばきゅ~ん」とか「ばばばば~」とかばっかり言ってるんだよね~

男の子もマメにメール書かないとふられちゃうご時世だからね~


皆様も「モテ文章」のレシピ試してみてはいかが?


プロフィール

ももりんご

Author:ももりんご
4人の子供のママです。
大学生二人高校生小学生それぞれ一人づつに成長しました~
みんなForceClub(フォルスクラブ)のe-ラーニング学習システムで楽しくお勉強していますよ~。
気に入っちゃたのでForceClub(フォルスクラブ)の取次店もしています。
Forceで教育が変わる!と信じてます。
そんな私の日常を書いていこうと思います。

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア
welcome_user_b05_a.gifwelcome_user_b06_a.gifwelcome_user_b07_a.gif
最新コメント
カウンター
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。